SaSaのJOG散歩ブログ

散歩 ポケモンGO

傘をもたない蟻たちは

「にべもなく よるべもなく」うん、よろしかった

本日の歩:13000歩

あとで昔の事をまた一つ思い出しちゃった
子供の頃みんなと遊んでいて
配水管にすっぽり挟まった事があった
以後、夢で何度となく
その時の身動きできない感じの夢を見る事になった
「悪夢」って言うほどのものじゃあ無いけど
いまはもう全然見てない…って思うけど
万歳の状態で結構長い時間そうなっていて
結局近所の大人に引きずり出してもらった
………とおいらはそう思っていた
けど実際は違っていたようだ
10代になって田舎に帰ったとき
隣のばあちゃんがうちに来て
「おまえはぷくぷくしていてかわいかったから…」
「…噛み付いたらそれ以降あたしが来ると隠れるようになっただ」とか
昔話をしているうちに、その土管事件の話になった
「お前が家に呼びにこんきゃあ」
「あれも死んじまうとこだったっけ」っと
近所の別の子供の名前を…
ん????
いやいやいやいや、「それおいらでしょ?」
そのように抗議したけど「ばか!」
「われが泣きながら家に知らせに来てくれとうじゃん」だって
えぇ〜、そうなん?すっかり自分の事に思っていたけど
なんでぇ〜〜??
何処でどう入れ替わったのやら
まっこと、ガキの時の記憶なんて……
おいらの「にべもなくよるべもなく」は
小学校3年の時の転校で終わった
なのでその後の人間形成のにおいてとくに影響は無いはずだ
……と思いたい(安心して下さいちゃんとしてますよ)